不眠症などの病気を改善しよう|原因を予防して入院ブロック

女性

腸が詰まってしまう病

腸閉塞は今後も発症する人が多い病気だと予測されます

病院

腸閉塞は、腸が何らかの理由により詰まってしまうために生じる病気です。この病気は、健康な人から高齢者まで幅広い世代に起こりうる病気なので、今後も発症する患者さんは比較的多いと予測される病気と言えます。 例えば、腹筋が弱ってきた高齢者では、排便コントロールが上手くできないことで、長期に渡る便秘から腸閉塞になることがあります。一方、健康な人でも新婚の夫婦などの場合、羞恥心などの理由から排ガスをすることや、排便をすることを長期に我慢している状況においても、腸閉塞を発症する場合があります。また、胃バリウム検査などを行って、腸の中でバリウムが固まることによって腸閉塞となってしまう場合など、様々な状況で発症する可能性があります。

病気にならないために日常生活で気を付けることがあります

このような腸閉塞にならないために必要なことは、排便コントロールをしっかり行っていくことです。 具体的には、腹筋が弱ってきた高齢者では、腹筋を鍛えることや、排便がないときには食生活に気を付けることが大切です。水分をしっかり摂取することによって、便の硬さがコントロールできる上、脱水予防にもなるため、水やお茶を飲むことが必要です。また、食物繊維が不足すると便秘になりやすいので、野菜を積極的に摂るようにします。しかし、それでも排便がない日が続くような場合には、市販の下剤を使用したり、診療所などで相談すると良いです。 一方、健康な人では便意を感じたときにトイレに行くことが大切です。我慢することによって、腸閉塞の危険が上がります。